アニメーターMakiのウェブサイトです。小動物やリス関連のイラストやグッズなどを発表しています。お問い合わせは maki.haphap☆gmail.com まで(迷惑メール防止のための表記です☆を@に変えてください)
English blog / りすの森(ペットブログ) / Secret Squirrel fan / Fur Affinity / Deviant art / りすマニア / Zazzleストア / Twitter

2018年11月7日水曜日

動物の中身問題

ツイッターにのせたウサギのおしりについて思うことが何故か大フィーバーしてるw

動物には毛があるからなかなか中身がわからない。でも動物の「動き」を描くとなったら「中身問題」は避けて通れない道な訳で…

いろいろ資料を当たって研究してるけど最近はヒトの美術解剖学も学び、骨格の理解だけでは不十分で、筋肉も重要だ、とか骨や筋肉は形の美しさのためだけじゃなくて実際に運動するために必要な機能を備えている、とか体表から見えるランドマークを頼りに推測できる、などがわかってきて、

さらに、毛ですよ
動物の一番の魅力はふさふさの被毛だと思うけど、これがまた長さや生え方も動物によってまたは体の部位によって違うし光の当たり方で見え方が様々に変化することまで考えだすとカオス…

そして、私はリアルな動物画を描きたいわけではない。ここまで理解した上で、リアルかっこよくデフォルメしたいんだ!
どうする!?

沼だ…
これは沼だぞ!!
なぜかバズったツイート
どうやら3つめの図解が人の興味を引くらしい。ジブリのカオナシみたいと言われる。そりゃあアニメーターは常にこれを意識して形を描いてるのだから間違ってない。

リスとウサギの骨格の違いメモ
ウサギの首がぐにゃんと曲がっているのが気になる。
フォロワーさんの推測ではジャンプした時の衝撃を吸収するのではとのこと。頭の大きさの違いでより衝撃が大きいのでは?と。
そういうの教えてくれる人いないかなー

リスの骨格を想像しながら描く。木リスはジャンプのため後足が、ジリスは穴を掘るため前足が発達してることがわかる。

タヌキの中身問題
毛でかさ増しされてると難しいよね

2018年11月3日土曜日

ハロウィンイラスト


ハッピーハロウィンでした。こういうグリーティングカード的なイラストを描くの苦手^^;
どうしたら面白い構図とかになるのかな~

2018年10月27日土曜日

ポケモンファンアート

なんとなく。描いてみたポケモン


動物っぽいイーブイ


旧PPGっぽいイーブイ


と、ピカチュウ

2018年10月26日金曜日

レムール


ワオ「リンゴの皮から食べるの!?」
モル「皮がおいしいんだよ~」

Lemur "Do you eat the skin first?"
Guinea pig "Yes. The skin is delicious!"

今日は世界キツネザルの日(WorldLemurDay)なんですって~

キツネザルってキツネみたいな鼻面のおさるさんていう意味でわかりやすいけど、レムールって言う方がかっこいいですよね~

そういえば、オランダ語でキツネザルのことをmakiっていうそうですよ(笑)
まじかw


MAKI
って書いてあるしw
RINGSTAARTMAKIっていうのがワオキツネザルのことらしいですw


この前描いたカンムリベローシファカ

ムササビとコウモリ


えっキミ マジで飛べんの!?すげえ。
You DO fly!? It's COOL!!

ムササビは英語でflying squirrel(飛ぶリス)と言われますが実際には滑空するだけでコウモリのように飛びません。
"flying" squirrels are not actually flying, they're just gliding.

2018年10月8日月曜日

カートゥーン風すず


カニ子さんちのすずをカートゥーンキャラ風にしてみました

アーペンヘゥル / APENHEUL 3

Art trading time after the lunch. We drew each one's loving animals.

みんなでランチをした園内のレストランでアートトレード
お絵かき交換会ですね。
カニ子さんは初参戦w
Henriekeにペットのすずを描いてもらってました♪


by Kaniko (for Henrieke)
カニ子さんもHenriekeのKikiを描いてましたよ


by Thomas
私はThomasにリスを描いてもらいました^^
かわいい
Thank you!!


my doodle
私はThomasにKarpour(カンガルーのキャラ)を描いたのですが、これはその下書きというか、らくがき。

そして、アーペンヘゥルを離れた後、スウェーデン人のリス好きEkorren と合流し夕食会
くまが印のお店でした。店内には無数のテディベアが。かわいい。

Ekorren's doll
Ekorrenが持っていたマスコットの黄色いリスさん

彼の友人が作ってくれたそうです。

デザートのスイーツ。甘すぎず、おいしい!
オランダの食事は全体的に味付けが極端なものはなくおいしかったです。

お絵かきの続きはレストランを出て帰りの電車の駅の待合室にて。
by Henrieke
Thank you!!
わーい^^

for Henrieke
私が渡したのはこちら
最後電車の時間まで20分しかなかった中での交換でした XD

動物園に、素敵なディナーに、お絵かきと、素晴らしい1日になりました。
お会いできたみんなに感謝です。
See you next time!! Thanks so much!!<3